二重に憧れがあるならぜひこの安全な治療を受けてみましょう。

ウーマン

切開法

カウンセリング

部分切開法は、二重のヒダの予定線を1㎝から2㎝ほど切開します。そして、その切開した部分から施術を行っていきます。その後に縫い合わせることで、手術が終了します。手術時間は約20分と短時間で一重の目を二重にすることができるのです。近年では、目の負担を考慮して傷口をできるだけ残さないようにしています。埋没法はメスを利用しないということで安心ですが、何度も治療で使用する糸が切れてしまい効果を得ることができなかったケースもあります。しかし、部分切開法では、確実に一重を二重に変えることができます。また効果の持続率も高く、切開法を受けることで長い間二重の状態のままで生活を送ることができるのです。近年では、切開法の安全性も高く、手術後のアクターケアもしっかりしているので、もし興味があるのであればぜひ受けてみましょう。部分切開法は、確実に二重になることができるほかに、まぶたの脂肪をとって腫れぼったさを解消することができます。様々なメリットが部分切開法にはあるのでぜひ体験してみましょう。メスを入れるということで、目に傷口が残ってしまう可能性があると思っている方がいますが、最新の技術ではほとんど残ることはありません。また自然な仕上がりになるので安心して受けることができるのです。この部分切開法はアレルギー反応も少なく、アレルギー体質の方も安心して手術を受けることができるのです。部分切開法の場合、麻酔を使用して施術を受けます。麻酔は目に用いる点眼麻酔とクリーム麻酔、局所麻酔を併用して行います。中には、全身麻酔などを希望する方がいますが、麻酔の際に使用される注射は細いため、ほとんど痛みが生じないのです。これらの麻酔を併用するため痛みに対する恐怖心がある方も安心して治療に専念することができるのです。部分切開の施術方法の他にメスを用いて、行う施術があります。それは目頭切開法と全切開法があります。目頭切開法は、目が離れていることがコンプレックスの方にお勧めの治療になります。目頭の切開の場合、目頭を覆っている蒙古ひだを切り開く、手術になります。目の間が皮に覆われているので、蒙古ひだを切り開くことで、パッチリした二重になることができるのです。目が離れている場合は、自力で問題を解決することが難しいですがこの治療を受けることで問題の解決を行うことができます。その他に全切開法があります。この全切開法は、自分のなりたいまぶたになることができます。目元は、二重線の幅が少し変わるだけで印象は大きく変わります。そのため自分のなりたい目元に近づけるために細かな作業が必要になります。部分切開法でも満足いく二重を手に入れることができますが、まぶたの厚みや癖の付き方は目元の幅に限度が決まってしまうため、細かく治療したい方は満足いく施術が出来ないのです。一方、全切開法ではまぶたの厚みから癖の付き方まですべて自分の利用の目元に変えることができるのです。この全切開法の効果は半永久的なのです。自分の理想の目を手に入れたいのであれば、ぜひこの全切開法で治療してみましょう。全切開法では、手術の間に痛みを感じたくない方向けに全身麻酔をと局所麻酔を選択することができます。しかし、この全切開法でも、目物との神経を麻痺させることができれば、たとえ意識があったとしても、無痛で手術を終えることができるのです。この治療は目の幅やまぶたの脂肪などすべてを自分で決めるこことができます。医師としっかり話合った上で自分のなりたい目元に変えることができます手術後は、約1週間ほどで抜糸することができ、治療が終了となります。治療を受ける前と受けたあとのカウンセリングがとても重要なので、医師の指示に従って治療を受けていきましょう。